カズ イチローに“キング流”労い かけたい言葉は「一緒にトレーニングしようか」

[ 2019年3月22日 12:32 ]

現役引退を発表したイチローにメッセージを送った横浜FCのFW三浦知良
Photo By スポニチ

 J2横浜FCのFW三浦知良(52)が22日、21日に現役引退を発表したマリナーズのイチロー外野手(45)に“キング流”の労いメッセージを送った。

 カズとイチローは20年以上の親交があり、前夜もテレビの前で現役最後となる第4打席まで見届けたという。

 「きのうも見ていました。いつも通りのイチローさんでした。まだまだ続けてくれると思ったのでちょっと複雑な気持ちです。引退に関しては、本人にしか分からない気持ちがある。その気持ちを尊重したい」。

 日頃からメールなどでもやりとりする仲。東京での開幕シリーズ前にも「いよいよ開幕ですね」と送ったという。だが、引退発表後はさすがにメールを打つ手も止まった。「何て送っていいのか、分からない」と神妙な面持ちだった。

 最後に会ったのは17年12月、マーリンズの退団が決まり、去就が注目されていた頃、一緒に食事した。当時のイチローの口調からもメジャー以外ではプレーしないという強い覚悟を感じていたという。また引退後も、トレーニングを続けると話す姿勢に対しては「プロになる前からずっと続けてきたこと。引退したからと言って辞める必要はない」と同調した。

 報道陣からは今度、イチローに会う機会があったら何と声をかけるか?との質問も飛んだ。「ちょっと走ろうか、と。一緒にトレーニングしようか、ですかね」とカズ。いかにもキングらしい言葉を残し、再会を楽しみにしていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年3月22日のニュース