森保ジャパン、強豪コロンビア相手に連勝ならず 武蔵デビュー弾決められず

[ 2019年3月22日 21:16 ]

国際親善試合   日本0―1コロンビア ( 2019年3月22日    日産ス )

<日本・コロンビア>後半、倒される香川 (撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 サッカー日本代表は22日、日産スタジアムで行われた国際親善試合でコロンビア代表と対戦。0―0で前半を折り返したものの、DF冨安健洋(20=シントトロイデン)のハンドで与えたPKを後半19分にFWファルカオ(33=モナコ)に決められ、0―1で敗れた。

 日本は、16年リオ五輪代表でA代表初招集のFW鈴木武蔵(25=札幌)が4―2―3―1システムの1トップで先発出場。だが、前半37分にMF中島翔哉(24=アルドハイル)の左クロスをゴール前でフリーで受けながらヘディングシュートを外して絶好の先制機を逃すなど結果が残せず、先制を許した直後の後半20分にはW杯以来の代表復帰となったMF香川真司(30=ベシクタシュ)との交代でベンチに下がった。

 後半22分には相手の左CKからゴールネットを揺らされるもオフサイドの判定で命拾いした日本。26分にはMF堂安律(20=フローニンゲン)、MF山口蛍(28=神戸)に代わってMF乾貴士(30=アラベス)、MF小林祐希(26=ヘーレンフェイン)が投入された。だが、32分に右CKから冨安が頭で叩きつけたがGKにキャッチされ、同点ならず。

 後半34分にはMF南野拓実(24=ザルツブルク)に代えて初招集のFW鎌田大地(22=シントトロイデン)、44分にはDF佐々木翔(29=広島)に代えて同じく初招集のDF安西幸希(23=鹿島)が入って代表デビューを果たしたが、最後までゴールを決められず。前半から何度も鋭いドライブシュートを放っていた中島は後半38分にもペナルティーエリア付近で切り返してから強烈な右足シュートを放ったが、決めきれなかった。

 昨夏のワールドカップ(W杯)ロシア大会で2―1と勝利を収めたコロンビア相手に連勝を狙った日本だったが、FIFAランク12位の強豪の壁は厚かった。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年3月22日のニュース