柴崎、主将“代理”で「かじ取り役」

[ 2019年3月22日 05:30 ]

キリンチャレンジカップ2019   日本―コロンビア ( 2019年3月22日    日産ス )

ボール回しの中で、笑顔でボールを追う柴崎(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 森保ジャパンの主将を務めてきた青山と吉田が不在で“代理”キャプテンの可能性もある司令塔は「かじ取り役として方向性を導いていきたい。(吉田や大迫ら主力が)いてもいなくてもやらなきゃいけない立場」とチームをけん引する気持ちを表した。「アジア杯で露呈したさまざまな相手への対応力を上げていきたい」。試合を巧みにコントロールし、勝利への道筋を示す。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年3月22日のニュース