神戸、超豪華3トップあるぞ「VIP」 和田神社で必勝祈願

[ 2019年2月19日 05:30 ]

お祓いを受ける(右から)増山、ビジャ、イニエスタら神戸の選手・スタッフ (撮影・後藤 大輝) 
Photo By スポニチ

 22日の開幕戦・C大阪戦(ヤンマー)を控える神戸のファン・マヌエル・リージョ監督(53)が“秘策”を用意していることが18日、分かった。関係者によると指揮官はFWビジャとFWポドルスキに加えて、MF登録のイニエスタを左FWで起用するプランを持っているという。機能すれば超豪華な「VIP3トップ」が完成する。

 イニエスタは米国合宿では中盤でプレー。沖縄合宿総仕上げとなった13日の練習試合・光州戦(韓国2部)も“回避”した。昨年は左FWの位置でプレーする機会が多かったとはいえ、今季はここまで試していない。リージョ監督はパス主体の攻撃サッカーを理想に掲げ、また戦術家としても有名。マンチェスターCのグアルディオラ監督に影響を与えた人物としても知られている。そのスペイン人名将が昨年オフから温めていたのが、VIPを最前線に並べるシステムだった。

 この日は神戸市内の和田神社で必勝祈願。3トップの一角を担うポドルスキは「対戦相手の分析も必要だが、それ以上に自分たちのサッカーやプレーに集中することが大事」と息巻いた。全ての手の内を明かしていない指揮官が、どう仕上げてくるのか注目が集まる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年2月19日のニュース