鳥栖DF高橋祐治 自ら結婚祝福弾!「今季はスコアにこだわりたい」

[ 2019年2月17日 06:10 ]

入籍を自らのゴールで祝った鳥栖・高橋祐
Photo By スポニチ

 J1鳥栖とJ2福岡が16日、駅スタで45分×2本のトレーニングマッチを行い、鳥栖が15日に元AKBの女優・高城亜樹(27)と入籍したDF高橋祐治(25)、FWフェルナンド・トーレス(34)のゴールで2―1(1本目0―1、2本目2―0)で逆転勝ちした。

 入籍を自身のゴールで祝福した。前半27分に福岡・石津のPKで先制を許した後半18分、MFクエンカの右サイドからのロングパスに頭で合わせた。「ファーで待ってたらぴったりのボールが来た」と会心の一撃を振り返った。「昨季は1点しか決められなかったので今季はスコアにこだわりたい」。

 今季はケガで出遅れ、この日が初の90分フル出場。「できたのはプラスになった。もっともっとコンディションを上げないと」と名古屋との開幕戦へ向け準備は万端だ。

 前日の15日に入籍したことを受け、スタンドを埋めたサポーターからも「結婚おめでとう」の温かい祝福があふれた。15日に決めた理由は「大安だったから」。妻・高城の魅力を「本当に料理が上手」と照れながら明かし好きな手作り料理は「汁物」。「出汁からしっかりと取ってくれる」と幸せそうな笑みを浮かべた。高城は仕事で鳥栖と東京を行き来する生活だが「サポートしてもらってます」と感謝を口にする。

 鳥栖の守備の要は愛妻の支えを得て、より高みを目指す。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年2月17日のニュース