G大阪育ちの堂安、小4でC大阪の入団選考落選していた「大きな挫折だったかも」

[ 2019年2月18日 00:00 ]

G大阪時代の堂安
Photo By スポニチ

 サッカー日本代表MF堂安律(20=フローニンゲン)が17日放送のTBS系「情熱大陸」(日曜後11・00)に出演。中学時代からG大阪の下部組織育ちだが、小学4年の時にライバルクラブのC大阪の入団選考に落選していたこと告白した。

 オランダでの生活に密着するカメラに「僕、小4でセレッソに落ちたの知ってます?」と突然語った堂安。「“もっとレベルの高いところに行こう”と親と話して、セレッソのセレクション受けて、落ちました。もしかしたら大きな挫折だったかもしれない」とサッカー人生の転機を明かした。

 だが落選によって、堂安少年の目標は「セレッソからオファーを来させて1秒で断る」に変化。挫折をバネに成長し、中学生の時に実際にC大阪からオファーが届き、それを断ったことを明かしていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年2月17日のニュース