森保監督 相手の「反省」警戒…大迫起用は状況見極めて

[ 2019年1月21日 05:30 ]

アジア杯決勝トーナメント1回戦   日本―サウジアラビア ( 2019年1月21日    UAE・シャルジャ )

<日本代表練習>前日会見に臨む森保監督(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 森保監督は1次リーグ第3戦のカタール戦を落としたサウジアラビアを「反省を生かしながらモチベーションを上げてくる」と警戒し「勝利をつかみ取るという気持ちの部分で準備しないといけない」と話した。

 また、右臀部(でんぶ)痛の大迫については「状態は上がってきている。今日(20日)の練習を見て、どういう状況かを見極めてからメディカルとも話していきたい」と説明。右膝の違和感を訴えるMF青山は宿舎での別メニュー調整となった。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年1月21日のニュース