オマーン、ピリピリ“厳戒態勢” 日本メディアの取材拒否

[ 2019年1月12日 05:30 ]

 オマーンは日本メディアに“厳戒態勢”を敷いた。

 ウズベキスタン戦敗戦翌日の10日の練習には10人ほどの日本メディアが集結。かつて大宮、京都の監督を務め、オーストラリア、モロッコを率いて日本と対戦した経験もあるピム監督は、日本の取材を断った。代わりに対応した広報担当は「プロフェッショナル。アジアでNo・1」と日本を警戒し、控えGKラワヒは「1次リーグ突破は目標の一つ」と大会初白星へ意気込んだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「アジア杯」特集記事

2019年1月12日のニュース