浦和、名門ポルトからMFエベルトン獲得 今季はポルティモネンセで翔哉と同僚

[ 2019年1月12日 19:22 ]

 浦和は12日、ポルトガル1部のFCポルトからブラジル人MFエベルトン(26)が期限付き移籍で加入すると発表した。

 エベルトンは今季ポルティモネンセに期限付き移籍しており、日本代表MF中島翔哉(24)の同僚としてプレー。リーグ戦15試合に出場し、1得点4アシストの活躍を見せていた。

 トップ下やボランチが主戦場の26歳は「浦和レッズファミリーの一員になれ、非常に嬉しく思います。埼玉スタジアムで日本一のファン・サポーターの前でプレーするイメージをし、興奮しています」とコメント。「レッズでプレーしていた選手やプレーしている選手たち、特にポンテさんからファン・サポーター、クラブ、街のすばらしいところなどいろいろ聞きました」と浦和のレジェンドの名前を挙げ、「自分の最大限の力を出し、チームの勝利のため、一緒に喜びをわかちあえるよう全力で戦います」と意気込みを語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「アジア杯」特集記事

2019年1月12日のニュース