青森山田が決勝進出 尚志をPK戦で下す 黒田監督「精神力でよく戦ってくれた」

[ 2019年1月12日 15:45 ]

 サッカーの全国高校選手権第6日は12日、埼玉スタジアムで準決勝が行われ、2大会ぶりの優勝を狙う青森山田が尚志(福島)を3―3からのPK戦で4―2と退け、決勝に進んだ。

 青森山田は1点を追う試合終盤に小松のゴールで追い付く粘りが実った。尚志は染野が3得点と活躍したが、県勢初の決勝進出はならなかった。

 ▼青森山田・黒田監督の話 先制されてゲームプランとは違うスタートになったけど、気持ちをリセットできれば追い付いて逆転できると伝えた。最後まで精神力でよく戦ってくれた。

 ▼尚志・仲村監督の話 尚志らしいつなぐサッカーを90分やってくれた。みんな動いて流動的なサッカーができた。負けてしまったのは監督の力量の差。(青森山田の)勝つためにぶれない精神力を見習いたい。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「アジア杯」特集記事

2019年1月12日のニュース