FC東京 U―23タイ代表FWと長身ブラジル人MFの加入を発表

[ 2019年1月12日 14:32 ]

 J1のFC東京は12日、バンコク・ユナイテッド(タイ)からU―23タイ代表FWナッタウット・スクム(21)、ヴォトゥポランゲンセ(ブラジル)からMFアルトゥール・シルバ(23)がそれぞれ期限付き移籍で加入することが決定したと発表した。移籍期間はともに2019年2月1日から2020年1月1日まで。

 タイ出身のナッタウットは身長1メートル76、体重65キロで、ブラジル出身のアルトゥール・シルバは1メートル85、80キロ。

 両選手はクラブを通じてそれぞれコメントを発表。ナッタウットは「東京へ加入できることに、とてもワクワクしています。東京のような日本のビッククラブでプレーする機会を与えていただいた関係者の方々に感謝しています。今回の移籍は私にとって非常に大きなチャンスなので、全力を尽くしたいと思います。この経験を活かし、将来、より良い選手になれるように頑張ります」と、アルトゥール・シルバは「日本でプレーをする機会をいただき感謝しています。一日も早くチームに馴染み、出来る限りの力を発揮して勝利に貢献したいです。ビッグクラブである東京のユニホームを着てプレーすることを楽しみにしています」と意気込んだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「アジア杯」特集記事

2019年1月12日のニュース