仙台、初タイトルへ“3度目の正直”渡辺監督、攻略に自信

[ 2018年12月7日 05:30 ]

天皇杯決勝   仙台―浦和 ( 2018年12月9日    埼玉 )

 仙台が浦和相手に“3度目の正直”を果たし、タイトルをつかむ。9日に行われる浦和との天皇杯決勝を見据え、渡辺監督は「今季はリーグで2回対戦したが、いずれもやろうとした狙いは表現できた」と攻略に自信をにじませた。

 4月のアウェーゲーム(0―1)、10月のホームゲーム(1―1)といずれも白星はつかめなかったものの、「特にアウェーゲームは敗れはしたが、後半はほぼ押し込めた。彼ら(浦和)に考えさせるようなゲームはできたと思う」と指揮官は言う。クラブにとって初のタイトルを懸けた今季3度目のマッチアップに向け、「お互いに連戦ですからアグレッシブにいく部分とメリハリをつける部分が必要」と力を込めた。

続きを表示

「日本代表」特集記事

「サッカーコラム」特集記事

2018年12月7日のニュース