G大阪、来季タイ人FW獲得の可能性 U―19代表候補

[ 2018年12月7日 05:30 ]

 G大阪が来季新戦力としてタイ人ストライカーを獲得する可能性が出てきた。タイU―19代表候補FWキティポット・デーンアルン(18=タイ1部スパンブリー)で若手中心の練習に6日から参加。

 強化部によると9日の関西学生選抜戦との練習試合で合否を決めるという。タイ国籍選手を獲得すればクラブ史上初の試みとなる。1メートル78のキティポットはスピードと決定力が持ち味。「皆がうまいし、レベルが高いけど楽しくできている」と手応えを強調した。タイはJリーグ提携国の一つで、外国人枠にカウントされないメリットもある。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「アジア杯」特集記事

2018年12月7日のニュース