大宮 MF三門が、指導者ライセンスの取得に挑戦「違った視点からサッカーを見られる」

[ 2018年12月7日 13:40 ]

 大宮のMF三門雄大(31)が、指導者ライセンスの取得に挑戦する。「オフにC級を取りに行く。指導者になるかどうかわからないが、違った視点からサッカーを見られる。いずれはB級やA級も行きたい」今月中に講習会に参加する予定だ。福岡から移籍した今季は全試合に先発、菊地主将が欠場した試合ではゲームキャプテンも務めた。「開幕戦は勝ったが連敗して19位まで下がった。立て直して勝ち点71を取れたが、ここというときに負けた」と振り返った。

 「個人としては試合数、時間はしっかり出られてよかったが、目に見える結果を残せなかった。持っている力は出し、満点とは思わないが、やれることやった」と1年間を総括する。

 指導者ライセンス講習会に参加して“目”を養い、さらにグレードアップして、来季は今年以上にチームをひっぱりそうだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2018年12月7日のニュース