浦和・槙野、天皇杯V宣言「アジアの舞台に返り咲く」

[ 2018年12月7日 05:30 ]

天皇杯決勝   浦和―仙台 ( 2018年12月9日    埼玉 )

絶妙なトークで会場をわかせる浦和・槙野(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 浦和のDF槙野が日本代表の森保一監督らとともに都内のイベントに参加した。9日には仙台との天皇杯決勝を控える。500人近い観衆を前に「幸せなこと。まだ何も成し遂げていない。アジアの舞台に返り咲くためにタイトルを獲りたい」と力強く語った。

 また来年1月にアジア杯を戦う日本代表での活動にも言及。「僕のポジションにも若くて力のある選手がいる。刺激をもたらしてくれる」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2018年12月7日のニュース