浦和入り岩武、長友超え意欲 明大J内定選手が合同会見

[ 2018年12月7日 05:30 ]

 明大のJリーグ加入内定選手合同会見が和泉キャンパスで行われた。浦和に加入が内定した主将のDF岩武克弥ら5人が来季、プロ入り。岩武は浦和を選んだ理由を「日本一のクラブだと思っている。日本代表であったり、海外でプレーするにあたって一番上のクラブでやりたいなと思った」と説明。

 さらに「一番近くで見ていた室屋選手や大学OBの長友選手を超えられるような選手になりたい」と意気込んだ。横浜FCに内定したMF袴田裕太郎はFWカズとチームメートになることに「プロとしてのあり方、取り組みを見本にしたい」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2018年12月7日のニュース