横浜 先制も逆転負け 伊藤「勝ちにつながらなくて残念」

[ 2018年11月25日 05:30 ]

明治安田生命J1第33節   横浜1―2鳥栖 ( 2018年11月24日    ベアスタ )

<鳥栖・横浜>逆転負けを喫した横浜イレブン
Photo By 共同

 前半29分にFW伊藤のゴールで先制したが、後半に逆転負け。伊藤は「少ないチャンスの中で点を取れたのは良かったが勝ちにつながらなくて残念」と肩を落とし「最終戦は応援してくれたサポーターのためにも勝って終わりたい」と次戦を見据えた。ポステコグルー監督は「選手は勝つためにハードワークをした。試合を支配していたにもかかわらず、2点目を取ることができずに残念」と悔やんだ。

 《J1参入プレーオフ 横浜は得失点差で優位》J1参入プレーオフ出場となる16位の可能性を残すのは勝ち点41の横浜と磐田、勝ち点40の湘南、鳥栖、名古屋の5チーム。勝ち点40の3チームの最終節は、湘南と名古屋が直接対決で鳥栖は鹿島戦。

 ●チームはJ1参入プレーオフ出場となり、2チームが●の場合は(1)得失点差(2)総得点の争いとなる。この3チームがいずれも○△の場合(湘南―名古屋戦は△)に限り、勝ち点41の2チームにもプレーオフ出場の可能性が出てくる。13位磐田はこのケースで川崎F戦に●の場合に16位となる可能性が高い。12位横浜は●で勝ち点で並ばれても他4チームに得失点差で大差をつけているので残留が決定的だ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2018年11月25日のニュース