美南弾でINAC撃破!日テレ なでしこリーグ杯7度目V

[ 2018年7月22日 05:30 ]

なでしこリーグ杯を制し喜ぶ日テレイレブン(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 なでしこリーグ杯1部決勝が21日、味フィ西で行われ、日テレがINAC神戸に1―0で勝ち、2年ぶり7度目の優勝を果たした。後半40分にFW田中美南(24)がヘディングで決勝弾。INAC神戸は5年ぶり2度目の頂点を逃した。

 FW田中美が鮮やかな決勝弾を決めた。後半40分に右サイドの長谷川からのクロスに反応。ヘディングでネットを揺らした。前半からボールを支配して試合を優位に進めたが、相手の堅守に苦しみ終盤までノーゴール。細かいパス回しから好機をうかがうスタイルを貫き、永田監督は「我慢しながらチャンスを待って、結果を導き出せた」と振り返った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「アジア杯」特集記事

2018年7月22日のニュース