神戸・吉田監督 初陣イニエスタに期待「コンディションが上がればもっとできる」

[ 2018年7月22日 20:23 ]

明治安田生命J1第17節   神戸0―3湘南 ( 2018年7月22日    ノエスタ )

<神戸・湘南>後半、クロスを上げるイニエスタ(撮影・中村 与志隆)
Photo By スポニチ

 神戸は0―3で湘南に完敗を喫し、連勝が3でストップ。スペインの強豪バルセロナから完全移籍で加入したスペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)のデビュー戦を勝利で飾ることはできなかった。

 神戸の吉田孝行監督(41)は「カウンターで失点したり、相手のハードワークに苦しめられた」と走力を武器とする湘南に脱帽。2点を追う後半14分に途中出場でJリーグデビューしたイニエスタの起用については「もう少し中盤を厚くしてボールを持って、そこからのパスを期待して出した」と振り返り「コンディションが上がればもっとできると思うし、周りの選手もこういうパスが出てくるんだなって分かってくると思う。(フィットには)そんなに時間はかからないと思う」と期待した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「アジア杯」特集記事

2018年7月22日のニュース