柴崎、ポルト移籍が浮上 ポルトガル1部の強豪 スペインメディアが報じる

[ 2018年7月22日 18:58 ]

<セネガル・日本>前半、ロングパスを出す柴崎(左)(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 スペイン1部ヘタフェの日本代表MF柴崎岳(26)が、ポルトガル1部の強豪ポルトに移籍する可能性が浮上した。

 21日にラジオ・マルカ・テネリフェ(電子版)が報道。ポルトはW杯ロシア大会で活躍した柴崎の獲得に強い興味を示しており、移籍金1200万ユーロ(約15億7200万円)から1500万ユーロ(約19億6500円)でのオファーを準備しているという。ポルトは昨季のポルトガル1部王者で、今季の欧州チャンピオンズリーグ出場権を獲得している。

 柴崎は昨年7月にスペイン2部テネリフェからヘタフェに4年契約で加入。テネリフェとの契約が満了していたため移籍金はゼロだった。スペインメディアによると、ヘタフェは柴崎の移籍について交渉に応じる意向で、ドイツ1部ドルトムント、イタリア・セリエAのACミランなども移籍先候補と報じられている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「アジア杯」特集記事

2018年7月22日のニュース