本田“伝家の宝刀”だ!左足プレースキックで定位置確保へ気合

[ 2018年5月30日 05:30 ]

キリンチャレンジ杯   日本―ガーナ ( 2018年5月30日    日産ス )

ガーナ戦へ向け軽快な動きを見せる本田(左から3人目)(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 MF本田は西野体制でも、プレースキッカーを任されることになった。

 非公開でのセットプレー練習では、宇佐美とともにCKを蹴ったもよう。右シャドーでの先発が濃厚となった背番号4が“伝家の宝刀”である左足のプレースキックでも存在感を示せば、W杯での定位置確保が一気に近づく。「(シャドーでの)景色を見慣れていないが、新鮮な中でやっている」。集大成の大舞台へ向け、新たな引き出しを見せる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2018年5月30日のニュース