香川 ガーナ戦控えも…短時間で「ゴールに直結するプレーを」

[ 2018年5月30日 05:30 ]

キリンチャレンジ杯   日本―ガーナ ( 2018年5月30日    日産ス )

日本代表練習で軽快な動きを見せる香川(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 冒頭15分だけ公開された最終調整の紅白戦で、香川は控え組だった。ここまでの国内事前合宿では主力組とサブ組の両方でプレーしてきたが、ガーナ戦はベンチスタートが濃厚。西野監督は「ケガから復帰した選手もいる。チェックしたい」と話しており、2大会連続W杯出場を決定づけるためには、途中から強烈なインパクトを残す必要がある。

 「ガーナ戦はケガをしていた時から照準にしていた。良いコンディションでできるので西野監督の前で見せたい。ゴールに直結するプレーを見せたい」

 2月上旬に左足首を痛め、戦列復帰したのは5月12日のリーグ最終戦ホッフェンハイム戦。3カ月ぶりの出場だったが後半30分からの15分間のみだった。

 コンディション、試合勘、スタミナ…。周囲からは「大丈夫なのか?」の不安の声も漏れ聞こえてくる。だが「逆にどう思います?」と笑みを浮かべて逆取材するほど、香川は楽観視していた。ドルトムントでは3バックシステムもあれば、シャドーと呼ばれる1・5列目での起用も経験。「僕のポジションは日本の生命線。アイデアは浮かんでいます」。誰よりも香川自身が自分を信じている。

 日産スタジアムには良いイメージがある。過去、同スタジアムでの国際Aマッチは過去4試合出場で3得点。13年9月10日の親善試合ガーナ戦でも得点を奪っている。

 「メンバー選考は考えない。それは監督が決めること。まずは次につながる試合をする」

 31日にはW杯メンバー23人が発表される。だが、香川の視線はすでにロシアをも捉えている。無得点に終わり、1次リーグ敗退したW杯ブラジル大会のリベンジへ向けて――。日本代表の10番が最終テストに挑む。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2018年5月30日のニュース