麻也 体を張って完封勝利に貢献

[ 2017年9月16日 22:46 ]

プレミアリーグ第5節   サウサンプトン1―0クリスタルパレス ( 2017年9月16日 )

 サウサンプトンの日本代表DF吉田麻也(29)が完封勝利に貢献した。

 前節のワトフォード戦は今季初めてベンチで出番がなかったが、16日のアウェー・クリスタルパレス戦で2試合ぶりに先発復帰してフル出場。身長1メートル90で屈強な体格を誇るベルギー代表FWベンテケに空中戦で競り勝つなど、体を張って相手エースを最後まで封じた。チームは前半6分にMFデービスが挙げた先制点を守り切り、3試合ぶりの白星(今季2勝目)を挙げた。

 一方のクリスタルパレスは開幕5連敗。開幕5試合連続無得点はプレミアリーグ史上初というワースト記録となった。開幕4連敗直後に今季就任したばかりのデブールを解任。この試合から70歳のホジソン新監督が指揮を執ったが、今季初ゴールは遠かった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2017年9月16日のニュース