川崎F鬼木監督、ACLの悔しさ払しょく誓う「次を大事に」

[ 2017年9月16日 05:30 ]

川崎Fの鬼木監督
Photo By スポニチ

 川崎Fの鬼木監督が敵地での清水戦でACLの悔しさを払しょくすることを誓った。

 13日のACL浦和戦はまさかの大逆転負けで敗退。それでも指揮官は「まず僕自身が切り替えました」とし、「ACLは終わってしまったがリーグは2位ですし、他のタイトルは十分チャンスがある。今まで積み上げたものが崩れるわけではないですし、次を大事にしようと」と続けた。

 まずは清水に勝ってリーグ2位を死守する。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2017年9月16日のニュース