来季J日程案を検討 ACL、W杯ロシア大会の影響を考慮

[ 2017年9月16日 05:30 ]

 Jリーグが来季のJ1を来年2月24日に開幕する日程案を検討していることが15日、分かった。

 アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の1次リーグが2月13日に始まるため、J1開幕前週が恒例の富士ゼロックス・スーパーカップは2月10日に前倒しする見通し。

 W杯ロシア大会でJ1は5月19、20日の第15節を最後に2カ月中断し、7月18日に再開。最終節は12月1日に行われる。日程案は今後Jリーグの実行委員会で議論され、理事会で正式に決まる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2017年9月16日のニュース