チェルシー 辛勝も5季ぶりV前進でモウリーニョ監督“上機嫌”

[ 2015年4月14日 05:30 ]

QPR戦で決勝ゴールを決めスタンドへ駆け出すチェルシーのセスク・ファブレガス(右)(AP)

プレミアリーグ チェルシー1―0QPR

(4月12日)
 リーグ首位のチェルシーはFC東京FW武藤への正式オファーが判明してから初の試合で、降格圏のQPRに苦戦。後半43分にMFセスク・ファブレガスがこの試合チーム唯一の枠内シュートを決め、5季ぶりの優勝へ一歩前進した。

 ゴール後に相手ファンがピッチへ物を投げ込み、DFイバノビッチはライター、MFマティッチは1ポンド硬貨をぶつけられたが、モウリーニョ監督は「コインならポケットへしまって、チョコなら食べてしまえばいい。誰だって1ポンドは欲しいだろ?」と上機嫌だった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2015年4月14日のニュース