ミラン EL遠のく手痛いドロー…OBボバン氏は戦い方を酷評

[ 2015年4月14日 05:30 ]

サンプドリア戦で同点ゴールを決め喜ぶACミランのデヨング(右)(AP)

セリエA ACミラン1―1サンプドリア

(4月12日)
 ACミランは左足首捻挫の日本代表FW本田が2試合続けて欠場する中、サンプドリアと引き分け。3連勝を逃し、次節のインテル・ミラノ戦(19日)を前に来季欧州リーグ出場圏の5位が遠のいた。

 テレビ解説を務めたOBの元クロアチア代表MFボバン氏は「選手が能力不足。インザーギ監督も戦い方が分かっていない」と酷評。内容は良かったと振り返る同監督を「これで満足しているとは」と批判し、「内容が良かったから相手が後半にメンバーを代えてきた」と主張する指揮官と舌戦を繰り広げた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2015年4月14日のニュース