マンC 今季ワースト4失点でダービー完敗…指揮官「責任は私にある」

[ 2015年4月14日 05:30 ]

マンチェスターUに敗れ肩を落とすヤヤ・トウーレ(右から2人目)らマンチェスターCイレブン(AP)

プレミアリーグ マンチェスターC2―4マンチェスターU

(4月12日)
 マンチェスターCは悪い流れを変えられなかった。前半8分にFWアグエロが先制点を決めたが、その後は今季ワーストの4失点。相手MFフェライニとマッチアップした好守の要のMFヤヤ・トゥーレが精彩を欠き、ボール保持率で42%とライバルに圧倒された。

 1月1日の第20節サンダーランド戦で一時首位に立った後は、12戦で4勝しかできず4位まで転落。特に最近6戦で4敗を喫して解任論が高まっているペジェグリーニ監督は「敗戦の責任は私にある」と肩を落とした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2015年4月14日のニュース