フェライニのアフロが輝いた!マンU 2季ぶりダービー勝利

[ 2015年4月14日 07:50 ]

フェライニ(31)のゴールが決まり喜び合うルーニー(10)らマンチェスターUイレブン(AP)

 戦力外だった男が大一番でヒーローになった。プレミアリーグ3位マンチェスター・ユナイテッドは13日、ホームで4位マンチェスター・シティーを4―2と逆転で破り、2季ぶりのリーグ戦6連勝。ベルギー代表MFマルアン・フェライニ(27)が勝ち越し点を決めるなど3ゴールに絡む活躍で、169回目のマンチェスターダービーでワーストタイだった連敗を4で止めた。これでダービー通算成績はユナイテッドの70勝50分け49敗となった。

【プレミアリーグ動画 順位表 得点ランク】

 トレードマークのアフロヘアが雨に濡れて光輝いた。フェライニが1―1の前半27分に頭で勝ち越し点を決める活躍で、ファン選出のマン・オブ・ザ・マッチを獲得。後半38分に交代する際は7万人のユナイテッドサポーターからスタンディングオベーションを浴びた。試合後はツイッターで「素晴らしい雰囲気だった。応援ありがとう」と感謝をつぶやいた。

 ダービーの英雄は、わずか半年前まで“戦犯”だった。今季開幕時はボールを持つたびにサポーターから皮肉の拍手が飛んだ。その理由は7位に低迷した昨季の「スケープゴートにされた」とフェライニ。13年夏にモイーズ前監督の“秘蔵っ子”として一緒にエバートンから加入したが、移籍1年目はケガの影響もありリーグ16試合無得点。移籍金2750万ポンド(当時約43億円)に見合わない選手として、ファン発行の雑誌ではアフロヘアをトイレブラシに見立てられ「トイレに大金を流した」と揶揄(やゆ)された。

 昨夏にファンハール監督が就任すると、ドルトムントに移籍したMF香川とともに放出要員と地元紙で報じられた。“戦力外”からはい上がった方法は厳格な新指揮官への絶対服従。「一番最初の練習から私の指示を素直に忠実にこなしてくれた」というオランダ人監督の信頼を徐々に勝ち取り、昨年10月のウェストブロミッジ戦、1月のQPR戦と途中出場からゴールを挙げて評価を高めた。アルゼンチン代表MFディマリアらを押しのけ、最近5試合連続で先発して6連勝に貢献。「今のプレーをしてくれれば先発から外せない」と、ついに指揮官からレギュラーお墨付きを獲得した。

 最大の武器は1メートル94の長身。1点を追う前半14分にはGKデヘアのパスを頭で競り勝ち、MFヤングの同点弾につなげた。同僚のDFスモーリングが「フェライニをマークするには相手2人が必要」という屈強なフィジカルを生かして前線でボールを奪取し、チーム3点目の起点にもなった。

 フェライニの活躍でダービーで2季ぶりの勝利。宿敵との勝ち点差を4に広げて、来季欧州CL出場権を得る3位以内(4位は同プレーオフ)へ大きく前進した。6連勝は2季ぶり。完全復活しつつある赤い悪魔が、来季は2季ぶりに欧州戦線に復帰することになりそうだ。

 ◆マルアン・フェライニ 1987年11月22日、ベルギー・エテルベーク生まれの27歳。両親はモロッコ出身。06年にSリエージュでプロデビュー。08年にベルギー人として当時史上最高の移籍金1850万ユーロ(約29億円)でエバートンに移籍。13年9月にマンチェスターUに加入。ベルギー代表は07年2月7日チェコ戦でデビュー。08年北京五輪は4位入賞。14年W杯ブラジル大会は5試合1得点で8強進出に貢献した。国際Aマッチ通算62試合12得点。1メートル94、85キロ。利き足は右。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2015年4月14日のニュース