ハリル監督 Jの問題点指摘「日本の選手はプレーのスピードは速くない」

[ 2015年4月14日 18:38 ]

 サッカー日本代表のハリルホジッチ監督が14日、東京都内で行われたJ1、J2合同実行委員会に出席し、各クラブの社長らに「皆さんのサポートが必要です。一緒によりよい選手を見つけていきたい」と呼びかけ、今後の協力を要請した。

 冒頭に約30分、立ち上がって早口であいさつし、国内で短期合宿を開催したい希望も伝えた。「日本の選手は速いがプレーのスピードは速くない」「審判(の判定基準)に疑問を抱いた」など、就任からの1カ月で視察したJリーグの印象や問題点などを次々と指摘した。

 代表監督が実行委員会に出席するのは異例で、質疑応答の時間も設けられた。2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会出場を目指す指揮官は「皆さんと一緒にモスクワへ行きたい」と笑顔で語りかけた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2015年4月14日のニュース