PR:

マインツ岡崎 2戦連発8得点目 得点ランク暫定首位浮上

<ハンブルガーSV・マインツ>前半、競り合う岡崎(右)

ブンデスリーガ第14節 マインツ1―2ハンブルガーSV

(12月7日)
 マインツの日本代表FW岡崎が2戦連続ゴールを決めた。7日にアウェーのハンブルガーSV戦に先発。2点を追う後半43分、右CKからつながったボールを頭で決めて今季8点目。試合終了の時点でシャルケのFWチュポ・モティングらと並んで得点ランキングで暫定首位に浮上した。

 勝利に導きたいというエースの自覚がゴールに結びついた。チームは10月18日のアウクスブルク戦の勝利を最後に前節まで5戦勝ちなし。「こうやってうまくいかないときに、どうやったらチームを救えるか」と勝利を求めて後半ロスタイムにもヘディングシュートを放ったが、わずかに左に外れた。岡崎の奮闘もむなしく、チームは1―2で敗れて2連敗で6戦勝ちなしとなった。

[ 2014年12月8日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:09月21日23時〜00時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      ACL

      海外サッカー

      コラム