PR:

客席ガラガラ…大雪延期の新潟―柏戦、カシマ開催は柏に軍配

<新潟・柏>試合前、ガラガラの客席を背に両チームが整列

J1最終節最終日 新潟0―2柏

(12月8日 カシマ)
 Jリーグは大雪のため延期となったJ1最終節の新潟―柏戦を8日、カシマスタジアムで行い、柏が新潟を2―0で下し今季最終戦を飾った。

 天候のいたずらとはいえ寂しい最終戦だった。観衆わずか2104人。無観客試合を除けば98年10月14日の神戸―市原(現千葉)戦に2091人に次ぐ2番目の最少記録だ。試合会場は鹿島のホーム・スタジアム、平日の月曜午後7時キックオフとあって、両ゴール裏の一部を除き、客席はガラガラだった。ホームゲームながら、より遠方からの遠征となった新潟サポーターが掲げたと思われる「2014年“HOME”最終戦」の横断幕が目を引く。

 試合は今季限りでネルシーニョ監督が退任する柏が後半21分、FWレアンドロの得点で先制。後半ロスタイムにはDF鈴木の追加点で新潟を振り切った。この結果、柏は今季最終順位が4位となりアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)出場に望みをつないだ。新潟は12位で今季を終えた。

 6日に新潟の本拠地デンカビッグスワンスタジアムで開催を予定していた柏戦は、大雪の影響により、試合延期が決定。Jリーグは翌日以降も降雪予報が続いていたことで、新潟開催を断念。急きょカシマスタジアムでの代替開催を決めた。

[ 2014年12月8日 20:55 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:11月18日09時〜10時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      ACL

      海外サッカー

      コラム