ドゥンガ氏が代表監督復帰 「とても幸せ 結果も重要」と意気込み

[ 2014年7月22日 23:32 ]

 ブラジル・サッカー連盟は2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会に向けて再建を図るブラジル代表監督に、10年W杯南アフリカ大会で監督を務めたドゥンガ氏(50)が復帰したと22日に発表した。リオデジャネイロで記者会見し「とても幸せだ。才能ある選手、ビジョンも大事だが、ピッチでの結果も重要だ」と意気込んだ。

 選手時代にJリーグの磐田でもプレーしたドゥンガ氏は、1994年W杯米国大会で主将として優勝に貢献。前回代表を率いた際は準々決勝でオランダに敗れ、その後解任された。W杯ブラジル大会で同国は準決勝でドイツに1―7と歴史的な大敗をするなど4位に終わり、スコラーリ監督(65)が退任していた。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2014年7月22日のニュース