ユーベ加入のモラタ、2日目でいきなり負傷 全治1カ月か?

[ 2014年7月22日 12:30 ]

 イタリア・セリエAのユベントスは21日、今夏に獲得したスペイン人FWアルバロ・モラタ(21)が負傷したと発表した。モラタは19日にレアル・マドリード(スペイン)から移籍金2000万ユーロ(約27億5千万円)の5年契約で加入したばかりだった。

 ユベントスは公式サイト上で「モラタは午後のトレーニングで左ひざを負傷した。明日、検査する予定」とだけ発表。イタリア・メディアは、30日から40日の離脱の可能性を報じている。

 モラタは写真共有アプリ「インスタグラム」で、病院と思われるベットで笑顔を見せる写真を公開している。

 同選手はRマドリード下部組織出身で、10年トップチームデビュー。徐々に出場機会を増やすと、昨季はリーグ戦23試合で8得点を記録。しかし、ロナウド、ベンゼマら選手層の厚いチームの中でスタメン出場はほとんどなく、より多くの出場機会を求めて、移籍を希望していた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2014年7月22日のニュース