イングランド主将ジェラード 代表引退を表明

[ 2014年7月22日 05:30 ]

イングランド代表引退を表明したジェラード

 W杯ブラジル大会でイングランド代表の主将を務めたリバプールのスティーブン・ジェラード(34)が21日、代表からの引退を表明した。

 今後はクラブでのプレーに専念する。同協会の公式サイトで「国を代表することを楽しんできた。もう代表ユニホームを着られないのは悲しい。とても難しい決断だった」とコメントした。00年の初出場から通算で同代表歴代3位の114試合に出場。3度のW杯と3度の欧州選手権に出場した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2014年7月22日のニュース