なでしこ安藤 福島、茨城の小中学校に自著を寄贈

[ 2013年3月10日 20:32 ]

 サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」の安藤梢(フランクフルト)が、東日本大震災で被災した福島県いわき市と茨城県の北茨城、高萩、鹿嶋、神栖、潮来市にある計200の小中学校に、自身の著書「世界でたたかうためのKOZUEメソッド」を寄贈すると10日、出身校の筑波大が発表した。

 安藤は「1人でも多くの子どもたちにサッカーを通して復興への勇気と希望を与えることが代表選手としてのミッション。学校の図書室などに置いていただけたら幸い」とコメントを寄せた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2013年3月10日のニュース