大宮“デスゴール”逃れリーグ13戦無敗

[ 2013年3月10日 06:00 ]

J1第2節 大宮1-0磐田

(3月9日 ヤマハ)
 大宮が“デスゴール”を逃れてアウェーで今季初白星を挙げた。

 磐田の攻撃をしのぎ、菊地が右CKを頭で叩き込んだ虎の子の1点を守りきった。昨季から続くリーグ戦無敗のクラブ記録を13に伸ばして、ベルデニック監督は「自分たちの可能性を示せた試合。今季は降格争いをせずに、上位を目指したい」と笑顔。菊地も「(デスゴールは)意識せずに、勝つことだけ考えた」と満足げだった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2013年3月10日のニュース