重圧は想像以上 なでしこ佐々木監督 体調面考慮しメダル花道に勇退へ

[ 2012年7月25日 07:57 ]

練習中、佐々木監督(右)と話す沢

 エースと指揮官が有終の戦いに臨む。なでしこジャパンは25日午後5時(日本時間26日午前1時)からのロンドン五輪1次リーグ初戦でカナダと対戦する。

【カナダ戦予想スタメン】

 佐々木監督は五輪を区切りに勇退する方向だ。昨年9月の五輪最終予選突破後、今年9月まで契約を延長した。当時、五輪出場を逃した場合は辞任する考えだったことを明かしたが、五輪代表発表会見でも「監督になって5シーズン目で、総括のロンドン五輪だ」と明言した。ロンドンが集大成との決意に変わりはない。

 北京五輪前に監督に就任し、W杯優勝に導いた名将にかかる重圧は想像以上だ。昨年末には良性発作性頭位めまい症を発症。6月のスウェーデン遠征でも「ノリさんはスウェーデンに着いた時、体調が悪かったみたい」と同じ病にかかった沢が心配するほど。再発の可能性もある。体調面も考慮しメダルを花道に後任に託す考えだ。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年7月25日のニュース