G大阪 3バックの新布陣も実らず…

[ 2012年7月25日 22:49 ]

ナビスコ杯準々決勝第1戦 G大阪1―3柏

(7月25日 万博)
 3バックの新布陣で臨んだG大阪の松波監督は「サイドの攻防に狙いがあった」と説明したが、柏と決定力の差が出た。

 遠藤が「立ち上がりが痛かった」と話すように、選手の動きが停滞する柏から球を奪ってもゴール前のパスの精度が低かった。後半途中には日本での復帰戦となったレアンドロが攻撃を活性化させてため息をつく観客に希望を与えたが、今のチームでは1点を返すのがやっとだった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年7月25日のニュース