清水 公式戦7試合連続白星なし…収穫は17歳の石毛

[ 2012年7月25日 22:38 ]

後半、ヘディングで競り合う名古屋・吉田(左)と清水・平岡

ナビスコ杯準々決勝第1戦 清水0―1名古屋

(7月25日 アウスタ)
 清水はこれで公式戦7試合連続白星なし。中盤が機能して優位に試合を運んだだけに、ゴトビ監督の「試合のほとんどをコントロールできた。名古屋のチャンスは何回あったか」との言葉にも実感がこもる。

 収穫は17歳の石毛。左サイドで好機をつくり、指揮官は「輝いていた」と絶賛した。期待の背番号32は「今までに比べてボールを失わなくなった。あとはシュートの精度」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年7月25日のニュース