フランス8強王手!雷雨中断も集中切らさず、再開後2発

[ 2012年6月17日 06:00 ]

<ウクライナ・フランス>得点を決め、喜ぶメネズ

欧州選手権グループD第2戦 フランス2―0ウクライナ

(6月15日)
 フランスは共催国を下して8強に王手をかけた。開始5分で激しい雷雨に見舞われて約1時間の中断。しかし、集中力を切らすことなく再開後は後半2得点し、主要国際大会では準優勝した06年W杯以来の勝利を挙げた。

 ブラン監督は「次の勝利までに6年かからないことを祈る。でないと解任されてしまうから」と苦笑い。スピードに期待して右サイドで先発させたメネズがカウンターから先制点を挙げるなど采配もはまり「勝利に値した」と満足げだった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年6月17日のニュース