G大阪、17位後退…降格危機にレアンドロ再獲得へ

[ 2012年6月17日 06:00 ]

J1第14節 G大阪1―2浦和

(6月16日 万博)
 2試合連続のロスタイム失点に「最後も人数がいながらシュートを打たれている。球際で激しくいく必要がある」と今季初めてベンチスタートとなったG大阪の遠藤が唇をかみしめた。

 17位に後退しJ2降格の危機が現実味を帯びてくるなか、09年に在籍したFWレアンドロ(27=アル・ラーヤン)を推定年俸2億円で再獲得することが決定的になった。名門クラブがいよいよ窮地に追い込まれている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年6月17日のニュース