四中工1年生GKが仁王立ち 「2本止めろ」に応えた

[ 2012年1月4日 06:00 ]

<四日市中央工・立命館宇治>PK戦で2本のシュートを止め、勝利に貢献した四日市中央工のGK中村

全国高校サッカー選手権3回戦 四日市中央工1―1(PK4―2)立命館宇治

(1月3日 市原臨海)
 四日市中央工がPK戦を制し3大会ぶりの8強入りを果たした。1点を追う後半ロスタイムに左CKからFW浅野の得点で追いつきPK戦に突入。樋口監督から「2本止めろよ」と言われた1年生守護神の中村が3、4人目を連続でセーブして期待に応えた。

 小5からGKを始めて一度もPK戦で負けたことがないというルーキーは「自信があった。相手の体の向き、目線、助走を見て跳んだ」と冷静だった。

 ▼立命館宇治・梁相弘監督 悔しいです。PK蹴り直しは判定なので仕方ない。われわれの運がなかった。この悔しさを次につないでいきたい。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年1月4日のニュース