俊輔応援届かず 桐光学園、PK戦で散る

[ 2012年1月4日 06:00 ]

<桐光学園・尚志>母校・桐光学園の応援にかけつけた横浜・中村(右)と名古屋の藤本(左)

全国高校サッカー選手権3回戦 桐光学園3―3(PK2―4)尚志

(1月3日 ニッパ球)
 桐光学園は応援に駆けつけたOBの元日本代表MF中村俊輔と、日本代表MF藤本淳吾の前で8強入りを決めることはできなかった。

 先制される苦しい展開。試合前に受けた大先輩からの激励を胸に、後半24分にFW高橋孝のゴールで3―2と勝ち越すも、9分後に同点にされてPK戦で力尽きた。俊輔の準優勝という記録は超えられなかったが、佐熊監督は「強いチームじゃなかったけど、よくここまでやった」とねぎらった。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年1月4日のニュース