風間ジュニア 完敗に涙「自分が体を張れなかった」

[ 2012年1月4日 06:00 ]

<清水商・市船橋>試合後、8強を前に敗退した清水商・風間は涙を流す

全国高校サッカー選手権3回戦 清水商0―3市船橋

(1月3日 市原臨海)
 清水商は主力のFW佐野とMF遠藤をケガと体調不良で欠いたのも響き名門対決に完敗した。頼みのエースMF風間は徹底マークに苦しみ、2回戦の山陽戦で直接ゴールを決めたFKも不発。「2人がいなくてシンプルにやるしかなかったが、自分が前線で体を張れなかった」と涙を流した。

 3月に定年を迎えるが、12年度以降の勤務延長を申請している大滝監督は「また来たいね」。学校統合のため伝統の「清商(きよしょう)」としては最後となる来年度のリベンジに意欲を示した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年1月4日のニュース