ライバルはスナイダー弟 高木Jr「1年後はスタメンで出たい」

[ 2011年10月18日 08:39 ]

練習で同僚と競り合うユトレヒトMF高木善朗(左)

 <ユトレヒトMF高木善朗インタビュー>

 試合で“勝負”する段階にはない。ただ足りないもの、武器は確認できる。チームメートと自分を比較しながら課題に取り組む毎日だ。オランダ代表ウェスリー・スナイダー(インテル・ミラノ)の実弟ロドニー(20)は同じMFで強力なライバル。そして格好のお手本でもある。

 【高木】 ロドニーは一番負けず嫌い。僕がファウル気味にボールを取ったりしたら、ずっと文句言ってたり。ライバル心むき出し。日本でバチバチやってたのは(東京V時代の)兄貴(俊幸)ぐらい。(試合に出るには)自分の良さを出して(他の選手との)違いを見せないとダメ。ロドニーははたく(パスをさばく)タイプなので自分ならドリブルで局面を打開できることを売りにしたい。

 練習中に成長を感じることもある。オランダの戦術の基本は1対1。その意識は強くなった。

 【高木】 オランダのサッカーは目の前の敵に勝つという考え方。個人戦術は上がってきている。1年後はスタメンで出ていたい。2年後にはチームから愛される選手になりたい。サポーターからスタンディングオベーションを受けるころには違う景色が見えると思う。

 ▽ユトレヒト アムステルダムの南東38キロに位置するユトレヒトをホームに1970年に創設(58年にリーグ優勝の経験があるDOSなど3クラブが合併)。スタジアムはハルヘンバールト。ユトレヒトとしてはリーグ優勝なし。オランダ杯は85、03、04年と3度制した。今季は3勝3分け3敗の勝ち点12で現在10位。98~03年にオランダ代表のFWカイト(リバプール)、03~04年にはMF藤田俊哉(J2千葉)が在籍した。

 ▼父・高木豊氏 親としては、今物凄くいい人生勉強をしていると思います。その半面、アスリートとしては“勝負しに行ったんだから結果出してこい”と思いますけど。12月に会いに行こうと思いましたけど“来なくていい”と言われました(笑い)。

 ▼兄・高木俊幸(清水) 僕もそうだったけど、移籍して最初から簡単にうまくはいかない。でも徐々にチャンスは来ると思う。焦らず、慌てず、しっかりアピールしてほしいですね。俺も(U―22日本代表に)入っただけで満足しないで、残れるように頑張ります。

 ▼弟・高木大輔(東京Vユース) 最初の移籍が海外で苦労もとても多いと思いますが、目標でもあるので、諦めずに頑張ってほしいです。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年10月18日のニュース