“御前試合”不発の森本、地元の評価は真っ二つ

[ 2011年10月18日 06:00 ]

<ノバーラ・ボローニャ>不発に終わった森本

 ノバーラFW森本貴幸の評価が分かれた。16日にボローニャ戦にフル出場も、不発で0―2の敗戦。17日付のガゼッタ・デロ・スポルト紙はチーム最低の5点をつけ「何が機能しなかったか(視察した)ザッケローニ日本代表監督に説明しているだろう」と伝えた。

 一方でコリエレ・デロ・スポルト紙はチーム最高の6.5点と採点も、ザッケローニ監督は地元記者に「森本は中盤で組み立てができないと、いいプレーができない」と指摘。森本自身も「ちょっと動けなくなる時間帯がある」とスタミナ切れを認めた。(ノバーラ・下妻宏通信員)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年10月18日のニュース