プレミアリーグ 入れ替え制廃止の可能性も

[ 2011年10月18日 09:17 ]

 プレミアリーグで2部との入れ替え制がなくなる可能性が浮上した。監督協会のベバン代表が17日に明かした。

 20チームのうち10チームを占める外国人オーナーの中で入れ替え制廃止を求める声が上がっていることを認め「さらに4、5人の新オーナーが賛成すればあり得る」と話した。

 マンチェスターUやアーセナルは米国人トップがクラブを運営。野球など米国の主要スポーツに入れ替え制はない。プレミアリーグでは14チームが賛成し、イングランド協会が承認すれば規約改正が可能という。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年10月18日のニュース