FIFAに大打撃…裁判所が判断「W杯の有料放映は違法」

[ 2011年2月18日 09:47 ]

 欧州連合(EU)欧州司法裁判所の第一審裁判所(ルクセンブルク)は17日、サッカーのワールドカップ(W杯)、欧州選手権の試合を特定の有料テレビが独占放映するのはEU法に違反するとして、EU加盟国はこれを禁止することができるとの判断を示した。

 W杯の試合の放映権販売を収入源としている国際サッカー連盟(FIFA)などにとり大きな打撃となった。

 FIFAは、ベルギーと英国がW杯の全試合を有料でない一般のテレビでの放映を認めたことを不服として提訴。欧州サッカー連盟(UEFA)も、英国が欧州選手権について同様の決定をしたことを不満として提訴していた。

 第一審裁判所の判断は、EU各国は、W杯などについて、市民の情報に対する権利を保障するため、有料放映を禁止できると結論付けた。

 EU法は加盟国に対し、オリンピック、サッカーのW杯や欧州選手権、英国選手権、テニスのウィンブルドン選手権などの「国民の関心が高い」スポーツイベントについて、幅広い市民が視聴できるよう、無料のテレビチャンネルでの放映を認めている。

 FIFAなどは、全ての試合が「国民の高い関心」となっているわけではないとして、その国のナショナルチームが出場していない試合など、一部試合の有料放映を認めるよう求めたが、裁判所は「大会全体で一つのイベント」としてとらえるべきだとして退けた。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年2月18日のニュース