ドネツク敵地で3発!70日ぶり公式戦も逆転勝ち

[ 2011年2月18日 06:00 ]

<ローマVSシャフタル・ドネツク>前半、ゴールを決めたシャフタル・ドネツクのMFジャジソン

欧州CL決勝T1回戦第1戦 シャフタル・ドネツク3―2ローマ

(2月16日 ローマ)
 シャフタル・ドネツクは逆転で敵地の戦いを制し、8強に前進した。前半28分に先制を許したが、1分後にMFジャドソンの同点弾で反撃の口火を切り、同41分までに3得点。豊富な資金で補強したブラジル人の3選手が全得点を挙げて強豪を破った。

 ルチェスク監督は「内容に値する素晴らしい結果」と満足げ。ウクライナの国内リーグは冬季休暇で70日ぶりの試合だったが、09年UEFA杯(現欧州リーグ)優勝の力を見せつけた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年2月18日のニュース